繊細な職人技が詰まった入母屋造りの本格和風住宅
菅澤建築

酸化力のあるワックスを塗布してしあげた桧の床。澄んだ空気が玄関を満たしています。。

側がLDKで右側は2間続きの和室。とにかく天井の高い大空間が広がる玄関です。

影石の玄関に据え置かれた杉の下駄箱は特注品。壁・床・天井と全ての相乗効果で、ハイグレードの玄関スぺ―スになりました。

た目の美しさと通気孔を兼ねています。

駄箱の天板には扇子のアクセント

室を2間に仕切る建具にもこだわりました。

人さんの技術が注がれた和室大広間は工芸作品のようです。

細な手仕事が要求される組子が美しいの建具。

側はまた表情が変わります。

の住宅では見ることも少なくなった欄間。

度を変えて見ると、木目が浮き上がる「木出し(もくだし)欄間」。

主のK様と、菅澤さん、そして竹屋営業マンとで探し出した日本に2つしかないという書院がこちらです。(驚)

り株のような模様が美しく浮き出る「木出し書院」

手洗いの床はさくらの床材を使用。

の絵1枚ごとに春夏秋冬が描かれている四季のある和室がまた素晴らしい。

工が素晴らしい特注のお仏壇。

を閉めてもさらに美しい。

柱は紫壇。木の濃い赤みが一角にあるだけで引きしまった印象と個性が出ますね。

の間はあじろ天井に。

く日が当たる縁側は、ダイレクトに注ぐ日差しのワンクッションになっています。

ちらは施工途中の縁側天井です。奥から続く長押しは規格外の2間半・・・!

ちらの組子細工の引き戸も、手入れがしやすく美しさを保つつこができるようすりガラスで挟みました。

製の戸袋には日本一の富士山が浮き彫られています。

刻みは、職人の技術が試されます。教科書のない職人の世界は見て覚え自分のものにするいつまでもアナログです。

澤さんと、材木を納めさせて頂いた竹屋 佐々木営業マン。「これだけの木を使って頂けるお宅はなかなかありません!」と腕の生かしどころを頂いたご両人です。

根の入母屋は設計図がありません。大きめの図面を描き、家全体のバランスを見ながら出し具合や勾配の寸法を決めていきます。数値ではなく職人の感性で仕上げます。

お施主様のご紹介

家ナビ用お施主さんと

今回、自宅を新しく建て替えるにあたりその時期が来たら使用しようと施主のK様は、山に行って杉の木を確保されていたそうです。その杉を製材所で加工してもらったものを各部屋の天井に使用しました。着工から完成まで1年を超えましたが、それだけ待った甲斐のある素晴らしい住まいになり、とても喜んでいらっしゃるK様です。

建物のはなし

近頃はお目にかかれないような立派な入母屋造りの和風建築です。素晴らしい材料を形にできるのはやはり熟練の職人技。手の込んだ細工が目を見張る建具も必見です。

建築データ
所在地千葉県成田市
家族構成ご夫婦
竣工平成28年
施工菅澤建築
構造形式 ■木造 □その他

菅澤建築

成田市高701-2
TEL.0476-96-0385

絞り込み条件

なりた家ナビへのお問い合わせ
PAGETOP